FANDOM


ふしやし
伏屋市
Flag of Shindu svg 神津  
地方 山媛地方
都道府県 七山県
団体コード 0xx××-1
面積 425.73km²
総人口 317,685
(推計人口、2017年5月1日)
人口密度 746人/km²
隣接自治体 七宿市穂山長岡市藤宮市
七山郡越坂町篠滝町鷲森町
名羽郡名羽町利谷村
高熊郡小山町
日播郡青埼村
市の木
市の花
市の魚
伏屋市役所
所在地
七山県伏屋市東門一丁目1-1
外部リンク {{{外部リンク}}}
{{{位置画像}}}
{{自治体座標/{{{都道府県}}}|{{{自治体名}}}}}
テンプレート(ノート)



伏屋市(ふしやし)は、七山県の東部に位置するで、同県の県庁所在地である。中核市に指定されている。

概要編集

七山県最大の人口を擁する都市であり、同県の政治・経済・文化・交通における中心都市としての役割を担っている。また、伏屋市を中心として形成されている伏屋都市圏の人口は50万人を超えており、七山県のみならず山媛地方の拠点都市としても機能している。

かつては伏屋藩の城下町として栄えた。また、大災害や戦災などを受けなかったため、現在も市内の至る所に歴史的建造物や遺構などが数多く残っている。

地理編集

市内中心部で水柳川中鴫川松森川が合流している。また川沿いの平地を除けば、山がちな地形である。

歴史編集

行政編集

経済編集

2014年の市内総生産は約1兆4000億円である。

内陸部であったことや、企業の工場等の誘致をしてこなかった経緯から工業化はあまり進まず、完全な商業都市である。しかしながら、市内総生産は山媛地方において最大規模であり、山媛地方の経済の中心地である。近年はインフラの整備によって山媛地方各地と短時間で結ばれるようになったため、山媛地方において企業の出先等を伏屋市に集約する動きが出ている。

伏屋市に本社を置く主な企業編集

一般企業 
伏屋電気鉄道中野屋新羽電産宮内
金融機関
七山銀行東穂銀行穂山銀行伏屋信用金庫

地域編集

人口編集

2015年度国勢調査による法定人口は317,527人である。

教育編集

小学校編集

中学校編集

高等学校編集

大学編集

交通編集

七山県のみならず、山媛地方における交通の中心となっている。

鉄道編集

道路編集

高速自動車国道編集

メディア編集

新聞社編集

放送局編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。