FANDOM


共和制(きょうわせい、: republic)は、人民または人民の大部分が統治上の最高決定権を持つ政体。現代の一般的な定義では、「君主ではない元首を持っている政体」「君主制ではない政体」である。

共和制では政府の大半の意思決定が元首の裁量によらず制定法を参照して行われることから、現在では君主制は共和制では無いとされる場合が多い。

語源・用法編集

英語で共和制や共和国を意味する「republic」の語源はラテン語の「res publica」で、「公共の事」との意味を持ち、更には「公共の政府を持つ国家」の意味で使用された。特定の個人や階級のためにではなく、全構成員の共通の利益のために存在するものとされる政治体制を指した。

制度を指す抽象名詞(共和制)も、そのような制度を持つ組織体(共和国)もともに「republic(リパブリック)」であり、用語上区別しないが、日本では通常、制度の場合は「共和制」、特に政体の場合は「共和政」、国家の場合は「共和国」と訳している。また思想の場合は「共和主義」である。それぞれの対比語は、君主制、君主政、君主国、君主主義である。

漢語の「共和」は中国史上の「共和」と呼ばれる期間に由来する。大槻磐渓の示唆により箕作省吾がその著『坤輿図識』(1845年)で「republic」の訳語として初めて用いた。

中国史の「共和」時代は、西周の厲王が暴政を行って国人(諸侯と都市住民)に追放された後の14年間で、『史記・周本紀』によれば、宰相の召公と周公が共同して(共に和して)統治に当たったとされた。一方、これは誤りで、共伯和(共という国の伯爵の和という人物)が諸侯に推戴されて王の職務を代行したこと(『古本竹書紀年』の記述)からそう呼ぶという説もある。いずれにしても、中国歴代王朝が支配した歴史の中で、この時期は世襲の君主がおらず、有力者の合議による政治が行われていたと考えられていたため、「共和」の語が「君主のいない政体」を指すものとして用いられることになった。

概要編集

共和制とは、一般には君主を持たない政体であり、より正確には主権が君主以外にある政体である。主権がどこに存在するかを区別する呼称であるため、形式的な君主が存在する場合もあり、また民主制ではない政体も含まれる。

人民主権の立場から、民主主義と君主制は両立せず、民主的な政体は共和制であるとの主張も存在している。しかし他方では、共和制は君主が主権者では無い政体であり、君主以外のいわゆる国民の間で、独裁制が公式または実質的に行われている政体も含まれている。君主制であっても立憲君主制など、民主制と両立可能との主張も存在している。

共和制の架空国家一覧編集

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki