FANDOM


南准市革南人民共和国の首都であり、外交施設などが集まっている。

南准市
国家 革南人民共和国
所属州 南准州
都市階級 首都・州都・一級市
人口 約120万人
郵便番号 K01(革南人民共和国郵便)

成立編集

1922年の革南人民共和国建国までは、大雲帝国下で南海自治区とされ、正式な州・市としては認められてこなかった。 国の統治が移り、首都に定められると南准市と改名され、南准市組織委員会が設立された。
組織委員会では議会・内務委員会・広報委員会・経済委員会などいろいろな組織に分かれていたが、1930年にこれらの組織が独立して、市議会や市政部などに変わっていった。

都市としての機能編集

1922年に市、1933年には州制度が設けられ州都にもなった。 さらには1938年の自治体階級制度で一級市にも指定された。
国の中では首都としての重要な役割も持っているため、南准国際空港革南外交センタービルなど、国際的な施設も多くある。
1960年頃までは旧大雲帝国の首都であった大雲市に劣っていたものの、国の産業の発展に伴い、物の流通量も増えたため、急激な発展を遂げ、各種ランキングで超えてくるようになった。

首都機能の移り変わり編集

  • 1921年 革南共産党によって臨時首都と定められる
  • 1922年
  • 1933年 国営企業の本社がすべて南准市に移転する
  • 1945年 革南人民陸軍海外派兵部隊の司令部が南准に移る
  • 1950年 貿易港が銀岸から移転してくる

地区区分編集

この市にはいくつかの区が設置されている。

防衛能力編集

首都ということもあり、革南人民共和国の陸軍も多く駐屯しており、海軍本土唯一の基地も存在する。
外交発展が大きくなったことによるテロ対策も実施されていて、国際便の発着前後には少し緊迫した雰囲気が漂う。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki