FANDOM


株式会社 宮内
Miyauchi Co., Ltd.

種類  株式会社
市場情報  非上場
本社所在地  Flag of Shindu svg 神津
 
 七山県伏屋市大通三丁目10-1
設立  1953年3月25日
 (1873年創業)
業種  小売業
事業内容  百貨店業
代表者  代表取締役社長 宮内穣
資本金  1億3,000万円
売上高  250億円
従業員数  491人
決算期  3月
主要株主  
主要子会社  
関係する人物  宮内景久
外部リンク





株式会社宮内(みやうち、英称Miyauchi Co.,Ltd.)は、七山県伏屋市に本社を置く百貨店である。神津百貨店協会加盟。

概要 編集

創業140年を誇る老舗で、中野屋とともに伏屋市のみならず、七山県を代表する百貨店である。しかし、多店展開はしなかったため(百貨店形態の出店は本店のみ)、県西部の石迫市などでは知名度などにおいて、他の百貨店の後塵を拝している状況である。ただし、一店舗当たりの売上高では約250億円と、七山県のみならず山媛地方最大の売上高を誇っている。

沿革 編集

  • 1873年 - 現在の伏屋市三ノ堀に呉服屋「宮景呉服店」を創業。
  • 1881年 - 現在の伏屋市大通に「宮景呉服店」の分店を出店。
  • 1910年 - 大通の分店を「宮内商店」と改める。
  • 1950年 - 百貨店業への参入を決定。店舗を大通の「宮内商店」の場所に構えることを決定。
  • 1953年 - 株式会社宮内を設立。
  • 1954年 - 大通に地上3階、地下1階の鉄筋コンクリートの店舗が完成。
  • 1964年 - 七宿市に宮内七宿店(小型店)を設置。
  • 1967年 - 棚津市に宮内棚津店(小型店)を設置。
  • 1970年 - 水柳市に宮内水柳店(小型店)を設置。
  • 1985年 - 地上10階、地下2階の新店舗が大通の店舗の隣に完成。旧店舗の解体工事が始まる。
  • 1986年 - 旧店舗の解体が完了。旧店舗跡地に新館を建設する工事が始まる。
  • 1988年 - 地上8階、地下1階の新館と、地下駐車場、立体駐車場が完成する。
  • 1990年 - 石迫市に宮内石迫店(小型店)を設置。
  • 2002年 - 隣接していたデパートの跡地を取得。平面駐車場を設置。
  • 2007年 - デパート跡地の平面駐車場部分が、第一次伏屋市街地再開発計画指定区域の一つに含まれる。
  • 2009年 - 平面駐車場部分に本店の新館を建設すると発表。
  • 2011年 - 日本東日本大震災が発生。神津国内でも消費の低迷や、建設資材の高騰、建設業の人員不足などが起こったことから、新館建設計画を延期。
  • 2012年 - 第一次伏屋市街地再開発計画指定区域の指定が取り消される。
  • 2013年 - 第二次伏屋市街地再開発計画指定区域に認定される。

店舗 編集

おもなテナント 編集

フロア構成 編集

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki