FANDOM


自転車運転免許とは、錦島での自転車を運転するための免許

2017 05 12 103449.png

上の画像は普通自転車免許のみを所有している場合。

概説編集

錦島では2008年度から自転車が免許制になりました。 現在の自転車の免許の種類は2種類。

普通自転車免許編集

普通自転車免許は自動車の免許と同じようになっている。免許の枠に自転車枠がある。

取得条件編集

  • 13歳以上(13歳の誕生日を迎えてから)
  • 筆記90%以上で合格。
  • 実技は講習のみ
  • 費用は10,000ウォン(日本円で3,600円)

その他編集

  • 幼児を乗せる事ができるのは免許取得1年以上もしくは17歳以上の者のみ。
  • 自動車免許と連動しているので5年間無違反無事故だったらLANKがSになる。

電動自転車免許編集

電動自転車(電動アシスト自転車)を運転するには電動自転車運転免許が必要。2017年4月1日からこの免許は廃止され、普通自転車免許に統合された。

取得条件編集

  • 13歳以上(13歳の誕生日を迎えてから)
  • 筆記90%以上で合格。
  • 実技は講習のみ
  • 費用は15,000ウォン(日本円で5400円)

その他編集

  • 幼児を乗せる事ができるのは免許取得1年以上もしくは17歳以上の者のみ。
  • 電動自転車の制限速度は20km/h(30km/hでリミッター)

子ども自転車免許編集

子ども免許については6歳未満の者は免許は不要、6歳以上13歳未満の者は講習受ければ免許取得できる。

取得条件編集

  • 6歳以上13歳未満
  • 講習受ければ免許取得
  • 費用は無料

その他編集

子ども免許の有効期限は普通自転車免許を取得するまで有効である。ただし、16歳の誕生日前日まで有効。16歳の誕生日当日からは子ども免許は無効となるのでそれまでに普通自転車免許を取得しないと無免許となる。

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki